無職の人がカードローンで借り入れるときの注意点

いろんな事情で無職になることがあります。たとえば、突然のリストラにあう、家族の介護や看病でやむなく退職し無職になる、子供を出産して育児のために専業主婦となり無職になるなどのケースです。このような立場の人でも、お金が必要でどうしても工面しなければならないというときがありますね。無職なのにお金を借りるのは不可能ではと思いますが、実は無職の人も申し込めるカードローンがあります。ただ、借り入れの申込みの前にいくつか知っておきたいことがあります。

 

まず、無職の主婦がカードローンで借り入れをしたい場合ですが、銀行のカードローンなら運転免許証や健康保険証などの本人確認書類だけで、契約ができますが、消費者金融の場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になることがあります。ですから、無職の主婦がカードローンから借り入れる場合は、銀行のカードローンなら家族に内緒でも申し込めますが、消費者金融のカードローンはご主人の同意なしには借り入れの申し込みはできません。

 

じーさんとばーさん

それから、カードローンによっては年金受給のみの無職の人が借り入れの申し込みをできる場合がありますが、申し込み条件をよくみると、年金受給のほかにも収入があることが条件になっているカードローンもあります。どれで、申し込みの前に金融機関のホームページでしっかり確認してください。それから、年金を担保にお金を貸すという貸金業者がありますが、これは闇金ですのでそういうところからは借り入れをしないでください。民間業者が年金を担保にお金を貸すことは法律で禁じられています。

 

それから、学生さんでアルバイトもしていなくて無職の場合は、銀行や大手消費者金融のカードローンから借り入れることはできません。中小の消費者金融がやっている学生ローンもアルバイトなどで収入があることが条件になっています。ただ、学生ローンによっては、無職でも仕送りなどで定期的にお金が入るという人なら借り入れができる場合があります。

 

それから、失業中の人でも中小規模の消費者金融からなら借り入れができる場合がありますが、雇用保険(失業保険)を受け取れる見込みがあるなど、借り入れに伴う条件があります。また、無職の人がカードローンでお金を借り入れるのは、職がある人に比べて難しくなっていますので、そこにつけ込む闇金も多く存在します。いくら無職でお金に困っていても闇金からお金を借り入れるようなことは絶対にしないでくださいね。